2018/07/25

えみおわすと山梨と夏の幸

おばあちゃんの友達がつくっているぶどう

ぶどうはやっぱりデラが一番好き
---

ふい、と東へ。
山梨、anuttaraえみおわすさんの展示会のお手伝いに行ってきました。
えみおわすに初めて出会ったのが山梨の昌福寺さんでの展示会だったので
それから…5年?かな。夏の山梨の展示。
最寄り駅から延々歩いた道を思い出す。もう二度としたくないけど夏休み感満載の良い思い出。

昌福寺で過ごした時間
anuttaraの3日間
ビアガーデン、ポークビッツみたいなパスタ、ともこさんのサモサ、くまもんトランプ、ひょっこりはん、鬼太郎6期…
どれもこれも全身で楽しんだ。楽しかった!
一足先に夏休みをすごしたみたいでなんだかまだ休み気分が抜けない…


えみおわすの服は着てこそ「ああ、なんて好い服なんだろう」というのが分かる服。
今回は合間に色々試着させてもらったのだけど
ますます好きになってしまった。
シルエット、ちょっとしたディテールの美しさ。端処理の丁寧さ。
動くことを意識された細やかな工夫。
どれも着ている本人こそが実感出来る服だな、と改めて思った。
シルエットのちょっとした美しさは言葉では説明しがたい。
えみおわすの服に出会えたことで服に対する意識も変化した。
見た目も美しく、着るほどに馴染み、毎日好きになる服

試着しているお客さんたちがみんなとても似合っていて
そんな自分の姿にびっくりしたり喜んでいたり、嬉しそうにしているのを見ているのがとても贅沢な時間だった。






ともちゃんが作ってくれたまかない!&おビール

フリフリが愛らしいサモサ

喜びの食卓



2018/06/22

朝と夜と音楽

雨の後のあじさいを
つい、触ってしまう

メタセコイア
葉っぱと葉っぱのつながり
---

6/18(月) 朝 震度5強の地震。
寝坊をしていつもの電車に乗れなかったので電車に閉じ込められずに済んだ。
ただニュースを目で追い、LINEで連絡を取り合う。
普段、あまり連絡を取っていない友達も連絡をしてくれた。
SNSやLINEのありがたみを実感した。
そばにはいないけれど、大切な人達はちゃんとそこにいるのだ、と思えた。

LINEのやりとりが終わった直後に大きめの余震がきて自分の心音にまた驚く。
怖いので、扉をあけっぱなしにしたり、その後も余震が続いたので小さな電気を点けたままにしたりした。
大きな余震のとき、みおさんが「家族でうちに避難してきていいよ」と言ってくれて泣きそうになる。
大切な人たち。みんな、なんて暖かく優しい。

6/19(火) 朝
電車に乗るべくホームに入った途端、余震。
すぐそばの柱にしがみつく。
目の前の人は手に持っていた小さな手荷物を頭にやって身を縮こまらせていた。
心が総毛立っている、というのか。ちょっとした揺れや音、刺激にビクビクする。
仕事中も何度か余震があるたびビックリしてしまう。
自分の恐がりを思い知らされた一日。

土曜日に月夜で手渡してもらった齋藤さん(キャメルさん)の新しい音楽をやっと聴く。
心がそっと、大きく くるまれるように安心する。
音楽の入った箱を枕元において、小さな音でその音楽を鳴らしながら眠った。
何度かまた余震があって目が覚めたけれど怖さはだいぶなくなっていて、またすぐに眠った。


外ではカエルの声。
いつもと同じ夜の中にいる。

2018/05/27

□■□■□

多治見

器の町マンホールがかわいい

---
konpekiさんの展覧会。二月四日可否ひっそり開店していました。
ざんざん降りの雨だったにもかかわらず色んな方がいらっしゃっていた。すごいなぁ。
私も、嬉しい方々にも会えたり、ずっと楽しく過ごさせていただきました。
konpekiさん、アンティークベルさんありがとうございました!
吟味してkonpekiアクセサリーもつれて帰ることができてほっくほく。
形がほんとうに素敵。
---

岐阜のモザイクタイルミュージアムへ。

古いタイルはもともと好きだったけれど
こんなにもたくさんのタイルを見てしまってはもうわくわくせずにいられない。

そんなに大きいわけではない館内できゃっきゃしていたら
あっという間に時間が過ぎてしまい後半は駆け足で。
色、形の美しいタイルがずらりと並ぶ姿は圧巻だった。

展示だけでもお腹いっぱいだったのに、ミュージアムショップにはタイルの袋(紙コップ)詰め放題が・・
興奮と動揺で右往左往したけれど、落ち着きを取り戻し(?)かなり真剣に選び切ることが出来た。


端っこの仕事みるの楽しい

かまどもタイル
---
街のタイルなど


ぷらぷらっと散歩の途中で地元の方とおしゃべり。
むかしはタイルを焼く窯がたくさんあってスス(煤)で洗濯物が黒くなって大変だったと教えてもらった。
そういう話はどこにも載ってないもんなぁ。
色々話しているうちに、いつのまにやら貴重な物まで見せて頂けることになったり・・
出会った岐阜の方は親切でお話したい感じが伝わってきて嬉しくなった。
立ち寄った「さくらんぼ」時が止まっててよかった〜

岐阜はいつも通り過ぎてしまっていたけど
なんてもったいないことをしていたんだ・・
まだまだ色々観たりないのでまた行こう。


すぐ身近にも、少し足を伸ばした先にも。楽しいものはたくさんある。
それをみつけられているかどうかなんだな。
今の朝ドラのオープニングがそうだね、と。
また最近朝から泣かされている。
台詞のすみずみまで気持ちが届いていてとってもいい。
半分、青い。ツアーのためにまた行かねば。

2018/05/21

【初夏の展】y r a アクセサリー展覧会




【初夏の展】y r a

淡々とした日々の中で
ふと通り過ぎるもの
目に見えないもの

さわれないもの
いつかなくなってしまうもの
それを留めておきたいと思う
こう書くと

アクセサリーじゃなくてもよかったんじゃないか、と
思われるかもしれないけど、

いつかどこかでひろったものたちは

誰かにとっての日々の中で、いい空気となってほしいと思う
それは、身体にしっくりと馴染み、
内面に添うものであってほしいと思う
だから、やっぱり私はアクセサリーをつくります



6月2日(土) - 6月10日(日)
13:00 - 18:00 ( 最終日は17:00まで )
会期中無休

場所:ANTIQUE belle GALLERY
京都市中京区姉小路通御幸町東入丸屋町334

y r a アクセサリー


----------
yraさんのアクセサリーの展覧会DMを作らせて頂きました。

yraさんは初対面の時から印象深い方だった。
しっかりとした芯があって
嘘や見栄を感じない話し方をされる方だな、と思って忘れられなかった。

それから何度かお会いすることが出来て、砕けた話なんかもして。
作品に向かう姿勢と日常に向ける眼差しが地続きなところが信じられる。
そして、その 想いの深さに勝手に心で強くうなづいていた。

今回の展覧会のDM制作に関しても一緒に仕事をさせてもらえることに感謝せずにはいられなかった。
yraさんと話していると制作したい気持ちや、
日常を豊かに暮らしたい気持ちがとても刺激され、楽しい。

静かな喫茶店で横に並んで聞いた展覧会のイメージ
とてもyraさんらしい真っ直ぐさがあって筋が通っていると思ったので
決してデザインが邪魔をしないような、混じりっけのないまっすぐなものにしよう、と思って制作致しました。
ぜひ、会場に来てyraさんとお話されると楽しいと思います。

yraさんのブログでとても嬉しく紹介頂いています。

DM送付希望者も募っておられます。
わたしもぜひ、手に取って見て頂きたいです。
紙の手触りや重さ タイプされたyraさんのことばも是非読んで頂きたいです。

2018/05/06

konpeki「春小片」珈琲の日

氷菓のシャーベット

帰ったらほぼ必ず立ち寄る、親戚家族 皆好きな店
---

konpekiさんの「春小片」で二月四日可否、1日珈琲を淹れさせていただきます。
日時:5月13日(日) 12:00 - 17:00
会期中おやつも置いて頂いておりますのでよろしければ家でアクセサリーを眺めながら・・のお茶のおともにでも!

おやつは3つの焼き菓子セットです。
・抹茶のほろほろ
・ココナッツのガリガリ
・きなこ・黒糖・くるみのボリボリ

春は色んな香りや色があふれてきて楽しい。
そんな気分で味や食感を楽しんで頂けるような焼き菓子をご用意致します。

---
ゴールデンウィークもおしまい・・
今年は無事に階段から落ちることもなく山梨へ行くことが出来てよかった。
もうすぐ90になるおじいは、さらにツヤツヤしていたし
ご飯を誰よりも食べ、出掛けるとさっさか歩いていてびっくり。(杖はまるで飾り)

母のお姉さんと露天風呂で話せたのも楽しかった。
ゆっくりと過ごしているうちにわーっとなっていた心も少し落ち着いてきた。

ぼちぼち、出来ていなかったことをやっていこう。