2019/06/27

6月26日(水)曇りのち雨

今日で梅雨入りしたらしい。
ずいぶんゆっくりな梅雨前線だ。
梅雨は好きではないけれど梅雨明けの頃の祇園祭を思うとワクワクしてくる。

色々と息詰まってしまい地元のお寺へ。
10年近く前に行ったきり歩いて行ったことはなく、すっかり忘れかけた道のり。
ほとんど歩道のない道を40分かけて自転車を押しながらひたすら山道を登る。
とにかくしんどくて何度も立ち止まっては息を整える。
汗はだらだらと雫になって落ち、隣をすいすいと快適に車が通っていく。
最初は先が見えなくて焦るように必死に登っていたけれど
何度も休憩するたびに景色が見えるようになってくる。
ひとりの旅は休憩をとることを決めるのも自分自身。
辿り着かない不安が半分のところですこし平坦な道に出た時に楽しみに変わった。
ゆっくり歩いててもいつか着く。日暮れまではまだ十分だし焦らなくたっていいんだ。
風が涼しくなって、聴いたことのない鳥の声と風の音。
寺はあじさいが見頃で写真を撮る人がたくさんいた。
綺麗に着飾った涼しげな人の横で、
汗はだらだら、顔は息があがって赤くなっているゆでダコのような自分。
それでもたどり着いた達成感でもうほとんど満足していたので
ゆっくりあじさいの階段をめぐったり、本堂でぼんやり涼ませてもらったり。
なにかを観なくては(観光)という感じがなくてとても気分がよかった。
私はこれを求めてたんだな。
自分で気づくこと、頭じゃなく身体で気づくこと。
帰ってシャワーを浴びてアイスを食べてぱったりと夕寝。
久しぶりに隅々まで心地よい午後だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿