2020/06/22

夏至の日蝕

日曜日の夕方から欠け始め、明るいうちに元に戻った。
陰陽師たちは今も蝕を恐れるのだろうか。


夏野菜の時期がやってきた。
そのまま食べれてみずみずしく身体もスッとする。
仕事の帰りにたまに無人販売所へ寄り野菜を買う。
イボイボで青い匂いのするきゅうりや、皮が厚くて味の濃いトマト。
先日山梨からとうもろこしが届いた。
実がプリプリで甘く、旨みたっぷり。

貰い物の三輪そうめんを湯がいたらもう充分。

これくらいの食事が私には合っている。

...
数年ぶりに両親と登山へ。
両親と行ったのはもう記憶にもないくらい前のこと。
400m級の山でそれまでは幾度となく車窓から眺めていた山。
思ってたより登れたのも驚きだったけど
木や岩、土、湧き水に触れることも随分久しぶりだった。
そして触れるたびに心が解放されるのを感じた。

何から解放されるのだろう。多分 生きづらさ、みたいなものからかも。

帰りに寄った道の駅で作家ものでない道具そのものの竹製の籠鞄?が叩き売りされているのを見つけた。
持ち手はビニールのチューブに紐縄のようなものを通して作ってあった。

なんだかとてもよくって
そこで買った野菜をいれたらまたよくて。

山に登ったことと、この竹籠がいまの自分にとてもしっくりときた。

"身の丈に合った"ということだと思った。

心と身体とが解放されるような暮らしがしたい。
そんな願いがまた強くなった。

0 件のコメント:

コメントを投稿