2021/04/16

時間の積み重ね

石内都【見える見えない、写真のゆくえ】へ。
展示会場が壁紙の色ごとにテーマが分かれていてシンプルな構成。
美しくかつストレートな表現に疲れ果ててたどり着いた喫茶店で
作品を見ながらイマイチ意味のわかっていなかった赤線について調べていたら阿部定事件にまで発展し、気持ちも疲れて外を見たら雨が降り出していた。

気を取り直してベラドンナを買って帰ろう。
ずっとデルフィニウムという名前だと思っていた青い花。 
(追記:ベラドンナも実はデルフィニウムの一種で系統が異なるのだそう)

展覧会はとてもよかった。
図録の造本がとてもよくて展覧会のイメージ通り。

夙川沿いを歩いている途中で、気になっていた 辰馬考古資料館を発見したので立ち寄った。
残念ながら考古資料の展示がなかったけれど富岡鉄斎の展示を観た。
扇子の作品は知り合いに贈ったりしていたんだそう。なんかそういうのいいね。

0 件のコメント:

コメントを投稿