2021/06/30

夏越の祓え

6月が終わろうとしている。

今年の梅雨は去年に比べてとても過ごしやすい。
明日から7月だしそろそろ夕立が増えて、夏が始まるんだろうな。

今年は祇園祭の鉾が建つらしいので観に行くつもり。
京都の人間という意識はほとんどないけれど
夏の祭りといえばやっぱり祇園祭かな。
仕事終わりの、人の少ない涼しい夕方に出掛けて
提灯の灯りがぽっ、と灯っているのをみていると心が凪いでくる。
こんちきちん の練習を聴きながら
いつかの祇園祭を思い出している。

今年は職場の方に梅を何度かに分けてたくさん頂いた。
早い時期はキュッと締まった青梅
雨が降って少し熟した黄緑の大きな青梅
そして6月終わりはふくふくの黄色みがかった大きな梅

植物を育てるようになって
雨や太陽の存在を前よりありがたいものだと思うようになった。
私に出来ることは、そこにちょっとだけ手を添えるくらい。

この前 Domiちゃんに額の庭の写真を送ったら
「緑の手を持っているね」と言ってもらった。
素敵な言葉。
私の手は、まだまだだけど。
緑の手の芽くらいは生えてきたかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿