2021/03/21

うらうら

新しい時間割になってから3週目。
まだ慣れなくて心の奥の方で罪悪感を抱いてしまう。
気持ちばっかり焦ってあれも、これも、やらなくちゃ という気持ちになり結局何にもできない。

自分の出来ていないことで頭がいっぱいになってしまってたので少し散歩に出た。

雨が降り出しそうだけど明るい曇り空。
桜はちらほら咲き出していて、スノーフレークや黄色い名前の知らない花があちこちでたくさん咲いていた。
硬い枝の真ん中から小さな芽吹きを見たり。
ほんの少しの散歩だけど頭が少しすっきりした。

帰りに寄った喫茶店でコーヒーを飲みながら昔の車のシフトレバーの位置について話す。
マニュアル車に興味を持つ日が来るなんて思わなかったな。



自分の本当にやりたいことって何だろう。
オブジェも作りたいし展示もしたいと思ってるけど……
ほんとにそう思ってる?

自分と対話をし続けていたらふと、あ これかも
と思ったことがあった。
わからないけど、今一番出来そうだったのでとりあえずやってみた。
30秒人物ドローイング。
フィッシュマンズを聴きながら40体くらい描いてギブアップ。なかなか難しい…
でも楽しかった。
これが何になるかはわからないけど
とりあえず。手慣らし。

これまでと全然違うことをやろうとしてるような気もするし
実はこれが昔から好きだったのかもしれない

とりあえずめっちゃ下手なことがわかって楽しかった。
絵を描くの、やっぱり楽しいなぁ。

2021/03/19

AT限定解除記 | 入校

AT限定の免許を取得した地元の教習所に通えばいいやと気楽に考えていたのだけど

うちでは出来ません
という答えが返ってきた。

詳しく尋ねてみると
自分が10年以上前に取得していた免許は今では免許区分が変わっており、
いわゆる「旧自動車免許」で(今は「8t限定中型第一種免許」)
その「旧自動車免許」のAT限定解除を行なっている教習所を探さなくてはいけないとのことだった。

そもそも免許区分が変わったことも関心がなかったくらいなので
なんのこっちゃわからない。
わからないがあてにしてた教習所に振られてしまったので別を探さなくてはいけなくなってしまった。

色々と調べていると限定解除自体をやっていない教習所も多く
更に今は在宅の人が増え、免許を取ろうという人も増えている影響で
AT限定解除教習やペーパードライバー教習の受け入れを停止している教習所か増えているようだった…

2年ほど住んでるけど全く土地勘のない場所での教習所探し。
通える距離なのか、交通手段はあるのか…などなど。
比較を繰り返し、口コミを読み込んでは妄想し…
なんとか2校に絞った。
どうせならと資料をもらいに行きがてら様子を見に行くことに。

1つはN教習所という駅から近い教習所。
通いやすいし街や周辺も活気があり良い雰囲気。
受付の方が親切。(重要)
でも旧自動車免許の限定解除を指導できる指導員が少なく予約が取りにくいとのこと。

もう1つは送迎バスで通うA教習所。
工場や倉庫などが立ち並ぶようなところにぽつんとあった。
周りは大型車が行き来し人の気配はあまりない。
でも旧自動車免許の限定解除に関してはなんの問題もなく出来そうな感じ。
大型車の免許も取れるような教習所。
受付の方はややあっさりとした印象。

雰囲気としてはN教習所に気持ちが向いていたが
結局選んだのはA教習所だった。

決め手になったのはやっぱり教習料金。
取得したい免許は同じなんだけど料金設定には決まりがないらしく
教習所によってかなりの差があった。
(ちなみにA教習所とN教習所の差はなんと2万円…)

ちなみにAT限定解除教習は
すべて教習所内で行われ
4時間の教習+審査という仮免許試験のようなものが1時間=合計5時間 という内容。
早い人だと最短3日くらいで取れるらしい。

しかし!補習になると1時間あたり5,000円ほどの追加料金を払わなくてはいけない。
体験記を色々読んでいるとペーパードライバーが4時間で教習を完了するのはほぼ無理そうだった。
しかも審査不合格になると教習1時間+再審査になり合計10,000円以上追加で支払わなければいけないという…
とにかく心配性なので雰囲気云々よりも現実を見よう
というところに落ち着いたのだった。
他にも色々調べていたけれどA教習所は他府県の教習所と比べても良心的な価格のようだった。ありがたい。

ようやく教習所が決まっていざ申し込み!と勇んで出かけて行ったのだけど
「入校まで3ヶ月待ちです」

そんなに気持ちを保てるのだろうか…と思いつつ申し込む。

N教習所も3ヶ月待ちくらいだったのできっと今は何処もそうなんだろうな。

この時は何も考えていなかったのだけど11月に申し込みをしたので入校は2月。
教習所のハイシーズンだった…
ここでまた泣きをみることになるのだけど、それは次回につづく。

さくら

春のエネルギーみたいなのが満ち満ちている。

職場の窓が全開だったのでなんだろうと思ったら目の前のコブシがちらほらと咲いていた。
帰り道はハクモクレンと白い桜みたいな小さな花が満開たった。
昼間に動けるのはほんとにいいなぁ。
ついつい、寄り道してしまう。

あれからずっと、行き帰りと桑田さんの曲ばかり聴いている。
春だな。

ふと、10年前と、この10年間の話になった。
ほんとに変わった。変わってしまった、と言ってもいい。
特にこの1年でたくさん変わった。
当たり前の手触りとしてそこにあったものが
ことごとく遠くにいってしまった。
手を伸ばせば届くような気もするし
もう永遠に触れられないのかも、とも思ってしまう。

心がばらけて投げやりになりそうになるとき
やっぱり繋ぎ止めてくれるのは
これまでのことなんだよなぁ…

過去にしがみつくわけではないけれど
私にとって過去というものは特別で、今にはない輝きを持っている

うらうらと
つらつらと。

弟が教えてくれた
砂糖とバルサミコ酢の苺マリネ。

2021/03/17

AT限定解除記 | はじまり

MT車が家にやってくることになった。

15年ほど前に取得したAT車限定の運転免許は
今や身分証明に使うばかり。

ペーパードライバーから脱したいとは事あるごとに思っていたけれど
まさかMT車の免許を取ろうという日が来るとは思っていなかったなぁ。

MT車といえば、祖父が運転していた軽トラック。
ギアチェンジをする手元がかっこよかった。
そんなことを思い出していたら
自分でも出来るのかな と、ふと興味が湧いてきて
勢いのまま教習所に申し込んでしまった。

後にAT限定解除をされた方の体験記を読んで、
ペーパードライバーのAT限定解除がどれほど無謀かということを知ったのだけど…  

せっかく珍しい経験が出来たので
記念に記録を残してみます。

2021/03/11

いつかどこかで

ユニクロのCMで桑田さんの曲が流れている。
一曲目がひよっこでおなじみの「若い広場」だったので
てっきり新しい曲が多いのだと思っていたら
今回はなんと1988年に発表された「いつか何処かで」だった。
16日でこの曲も33歳。
もちろん当時聴いていた訳ではないけど家では流れてたんじゃないのかなぁ。
胸が苦しくなる大好きな曲。
イントロがまた切なくて…
これを聴きながらドライブしたら、きっと泣いてしまうだろうな。
免許が取れたら一人でサザンを聴きながら海沿いをドライブしたいな。夕焼けが美しい夏の夕暮れに。
今が哀しいとかじゃなくて
なんだろうな、人生とか人間とか。そんなことに涙を流したい。
感謝とか後悔とか、愛しさとかそういうの考えて、おいおい声を上げて泣きたい。
そんなの一人でやりたいじゃないか。

2021/03/09

心の動かしかた模索

ここのところ挑戦していることに頭がいっぱいになっていて苦しい。
昨日ようやく目処が立ったのに、喜びも束の間
次に待ち構えている最も重要なことを考えてまた頭が支配されている…

普段あまりないような事をこなさねばならない時
私にとってそれはとても「おおごと」になる。
人に話すと、そんなの大丈夫だよ〜!ということになるのだが
結局やるのは自分だし、大丈夫だよーと言われても
どう大丈夫なのか分からないから不安なので、
そんな風に思ってもらえてありがたいと思いつつ自信には繋がらない。

もう少し心をのびやかにして
その気持ちで成功体験を増やすといいのかな

とりあえずこれからやってくる私の「おおごと」に
【心地よい緊張感】でもって挑めるように気持ちをもっていってみよう。

2021/03/08

誕生日のピアノ

実家で母に勧められ「サワコの朝」を観た。
この日のゲストは西川悟平さんというピアニストの方だった。

「7本指のピアニスト」と画面の端に書いてある。
中学からピアノをはじめ、20代でジストニアという病気にかかり、ピアノを弾くことができなくなったのだという。
その病気はピアノを弾く時にだけ指が勝手に内側へ曲がり、自分で動かすことが出来なくなってしまう、というものだそう。

そういえば、以前何かのテレビ番組で
楽器を吹こうとすると勝手に口が楽器を避けてしまいその楽器を吹くことが出来なくなってしまった、という人を目にしたことがあった。

西川さんのお話のなかで、ドロボウに入られたお話がとても印象に残った。

片っ端から盗んでいこうと部屋を漁るドロボウの姿に
恐怖心よりも興味がわいてきた西川さんは
幼少期はどんなだったのか?
と尋ねたんだそう。
激怒したドロボウは
お前に何がわかるんだ!と、自分の生い立ちについて語りだした。
彼の身の上に起こった貧しさゆえの不公平や悲しくもどうにも出来ない現実に
西川さんはいつの間にか涙を流して彼らの話を聞いていたのだそう。
話し出してから8時間が経った明け方頃
ドロボウの一人が西川さんのコンサートのポスターを見つけ、ピアニストの彼に

自分は今日誕生日なんだ。一曲弾いてくれないか
と頼んだ。

西川さんは彼のために「Happy Birthday」をピアノで弾いた。

これまでの人生で、誰かに自分の誕生日を演奏して祝ってもらったのは初めてだ

心から喜んだドロボウは、盗もうとしていたものを全て置いて
鍵かけとけよ!
と言って出て行ったのだそうだ。

.....
可笑しくて切なく、ずっと心に留まっている。

2021/03/07

【「かほの登山日記」グッズ制作と販売のお知らせ】

2021.03.07. 本日20:30から発売!

登山YouTuberかほさん(https://m.youtube.com/channel/UC1Q990j5wBf8DsUAmFHHogg)のオリジナルグッズを作らせて頂きました。

かほさんは「かほの登山日記」というチャンネル名で登山にまつわる動画を配信されています。

笑顔が印象的で親しみやすいお人柄と、テンポよく分かりやすい動画でとても人気のあるかほさん。

いつも視聴者を思い、届けることを大切に、登山から編集、グッズの発送などなど全て一人でされているそうです。

本日20:30より販売スタートいたします!

直前のお知らせになってしまいすみません

https://kahotozan.base.shop/

👆こちらからご購入いただけます。


20:00からかほさんのチャンネルでライブ配信もされるそうなのでぜひご覧ください!

https://m.youtube.com/channel/UC1Q990j5wBf8DsUAmFHHogg

「かほの登山日記」で検索がおすすめ🔎

.....

今回のグッズ制作のきっかけは涸沢カール🍁からの帰り道にかほさんと偶然お会いしたところから始まったのでした


今回制作させて頂いたグッズは、手ぬぐいとステッカーです。

デザインはかほさんの登られた山の中で印象的なものを選んで頂き、その中からさらに厳選して描かせて頂きました。

山の他に、かほさんの動画に紹介されているものも描いていたり

山の形や似顔絵はかほさんとともに細部まで修正を重ねて制作いたしました。

チョコミントのような色合いが爽やかな2色。

生地は徳岡という上質なものを使っております。

ぜひ、登山にも普段使いにもしていただきたい手ぬぐいです。



2021/03/06

啓蟄

今日から新しい時間割がはじまった!

なんと暦の上では啓蟄だそうな。
眠っていた生き物たちが起き出すみたいに自然に動き出していきたいな。
力を入れすぎず、踏ん張るところはしっかりと。

最初の日、何をしようかと考えていたけれど
思いついてずっと行ってみたかったお店に行ってみることにした。
来店予約の時間が近づくにつれて緊張が増して、お腹も痛くなってくる。
だけど、行ってみてよかった。
ずっと画面越しに見ていたものに触れてまじまじと見てわかることがこんなにたくさんあるとは。
今まで美しくて別世界だと思ってきたものに、なぜか最近興味を持てるようになってきた。
自身の変化なのか。面白い。