2021/05/19

最近のこと

始めてMRI検査を受けた。
結果は問題なく、他の検査も異常なしとのことで一安心。
先生とこれからのことを相談していてわかったことは
病気そのものに対しては今すぐ何か出来ることはなく
経過観察しながら病気と共に暮らすということになるのだということ。
とはいえ処置ができない訳ではないのだけど「今はする必要がない」ということらしかった。
これまでは身体の中の病気には対処して治療するのが当たり前で、
病気の存在を認めながらそのままにしておく、ということがなかなか理解出来なくて混乱していた。
先生に聞きたいことはたくさんあるけれど言葉が出てこなかった。
それでも先生は理解ある人で、言葉が出てこない自分をずっと待っていてくれた。

待合で会計を待ちながら、その時抱いた感情は
安堵と小さいけれど消えない不安と悲しみだった。

身体の中にあるたしかな固まりを思うと今も心が沈む。  
大丈夫な日と駄目な日が交互にやってくるけれど
それも自分の弱さなんだと受け入れて前を向くしかない。

今日、母から同じような病気を持った人がワクチン接種後におそらく病気が原因で亡くなってしまったと聞かされた。

明日も元気でいられる保証なんていまは何処にもないのなら落ち込んでいても仕方ないのかもしれないな。

今はただ、優しい人たちがくれた優しい気持ちで心を隅々まで満たしたい。

あの、ここまで書いててなんですが…私はちゃんと元気です!

0 件のコメント:

コメントを投稿